• 印刷する

テイクオフ:台湾の中秋節といえば焼…

台湾の中秋節といえば焼肉。昨年に引き続き体重135キロ(前年比5キロ増)の台湾人の義弟が催すバーベキューに参加した。今年も段ボールに収まりきらないほどの肉が用意されたが、義弟とそのヘビー級の友人たちの活躍もあって、段ボールは数時間後には空っぽ。

と、ここまでは、昨年も見た景色。今年の変わったところといえば、還暦を迎えたお説教好きの義父が若者に交じってバーベキューに参加したこと。案の定、義父は愛息とその友人のたるんだ体を見るや、「台湾人の若者は向上心がない」とお説教を開始した。

だが、そこは年齢による上下関係が日本に比べゆるい台湾。義弟とその友人たちは「あんたたちが若者にチャンスを与えないからだろ!」と口々に反論し、義父をやり込めてしまった。義父が日頃、実の子どもではなく私と話したがる理由が分かった今年の中秋節だった。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海傘下の鴻騰、マスク生産認可取得(03/27)

新型コロナの感染者、283人に(03/28)

政府が消費クーポン券発行へ 4月末にも、内需刺激に期待(03/27)

緯創が世界分散生産へ、10億米ドル投資(03/27)

華晶科技と訊連科技、AI監視領域で提携(03/27)

オンライン学習の麦奇が好調、新型コロナで(03/27)

中鋼、高付加価値化とグリーンエネを主軸に(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン