• 印刷する

テイクオフ:全長60メートル超の「…

全長60メートル超の「火の龍」が街を練り歩く「舞火龍(ファイアードラゴンダンス)祭り」が今年も香港島中心部の大坑で開催された。中秋節に合わせて3日間行われるこのお祭り。百数十年前に村人らが無病息災を願い、始まったとされる。

当方が足を運んだのは中秋節当日。例年ならメディアや写真愛好家がこぞって撮影位置を確保し、観客も地元の人も一体となって最高潮の盛り上がりを見せる。が、今年は観客が明らかに減っていた。旅客の減少に加え、同時間帯に各地で抗議活動が行われ、外出を控える人が増えたことが影響したようだ。

また、この日はなぜか龍の火が途中で消えてしまうアクシデントが続いた。龍の「憂い」か。主催者によると、この祭りは日本の占領期を除き、一度も途切れたことがないという。香港らしさを残す行事の一つとして、長く続いてもらいたいと願う。(輝)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港政府、民間企業に在宅勤務呼び掛け(07/13)

週末も域内感染増加 3日で78人、在宅勤務提唱も(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

幼稚園と小中高校の夏休み前倒し、13日から(07/13)

反落、新型コロナ感染者の急増で=香港株式(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

金融管理局、20億HKドルの香港ドル売り介入(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン