• 印刷する

テイクオフ:中秋節は中華圏の人々に…

中秋節は中華圏の人々にとって、旧正月(春節)並みに大事な祝日の一つである。夜に家族と一緒に食事した後、お茶を手に月餅を食べながらお月見をするのが一般的だ。

基本的に自宅でお祝いをするが、今年は特別に香港島の某高級ホテルの中華レストランに行ってきた。夜の8時でほぼ満席だったが、私たちの席の周りにいた来店客はほぼ中国人だった。知り合いの店員に聞いてみると、中秋節はめでたく満席となったが、最近はやはり来客が非常に少ないようだ。今までは大人気で常に完売していた月餅も、今年は珍しく売り切れなかった。6月までの予約状況はよかったが、7月以降に中国人が香港に来なくなったことが要因らしい。

最近の社会混乱で香港のさまざまな業界が打撃を受けているが、中国人に依存してきたビジネスモデルを反省する時期かもしれない。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

週末も域内感染増加 3日で78人、在宅勤務提唱も(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

幼稚園と小中高校の夏休み前倒し、13日から(07/13)

反落、新型コロナ感染者の急増で=香港株式(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

金融管理局、20億HKドルの香港ドル売り介入(07/13)

国際海運センター発展指数、7年連続で首位(07/13)

HONIA連動の金利スワップ、清算業務開始(07/13)

香港航空、社債利息の支払いを延期(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン