市民同士の衝突相次ぐ、香港=社会分裂が深刻化

【香港共同】「逃亡犯条例」改正案を発端とした抗議活動が続く香港で14日、デモ隊側の市民と警察を支持する親中派の衝突が相次いだ。九竜地区の商業施設では、中国国旗を掲げた数百人の市民が中国国歌を合唱し、居合わせた若者らと口論の末に殴り合い、警察が出動する騒ぎが起きた…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

HKTVの通販サイト、3Q取引額は4割増(19:18)

テイクオフ:朝、目を覚ますと、外が…(10/14)

オフィスの脱セントラル続く 不動産大手は金鐘・観塘へ(10/14)

中古住宅のCCL4指数、7週連続下落(10/14)

MTRC、駅商業施設の賃料引き下げへ(10/14)

房委会、工業ビル6棟を公営住宅に転用か(10/14)

続伸、米中協議の高評価で期待=香港株式(10/14)

運用資産残高、今後5年は伸び鈍化の予測(10/14)

マカオの旅行物価指数、3Qは0.65%下落(10/14)

工聯会、観光救済で地元客シフト支援を提言(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン