• 印刷する

外国人労働者は上半期に1.2万人増、人材省

シンガポールの人材開発省(MOM)が12日発表した雇用統計によると、2019年上半期(1~6月期)の外国人労働者(メイドを除く)の雇用者数は前期から1万1,600人増えた。18年1~6月期の400人増を大幅に上回っている。特にサービス業で増加が目立った。

業種別では、サービス業が1万300人増。18年1~6月期は8,100人増だった。建設業は3,700人増加し、5,700人減だった18年1~6月期からプラスに転じた。

6月時点の外国人労働者数をビザの種類別にみると、ワークパーミット(WP)保持者が18年12月から8,400人増の98万1,000人。就労ビザ(エンプロイメント・パス=EP)保持者は3,200人増の18万9,000人、Sパス(中技能向けの熟練労働者を対象とした就労許可)保持者は2,300人増の19万7,800人となり、いずれも今年に入って増加した。

外国人労働者を含む国内全体の総雇用者数(メイドを除く)は19年1~6月期に1万6,900人増加し、18年1~6月期(6,900人増)の2.4倍となった。

1~6月期の総雇用者数を業種別にみると、製造業が4,700人減。電子製品や運輸エンジニアリング、精密エンジニアリングで雇用者の減少が目立った。サービス業(メイドを除く)は1万9,000人増、建設業は2,800人増だった。

1~6月期に人員整理の対象となったのは5,550人で、18年1~6月期の5,350人とほぼ同水準。最も多かったのは組織再編に伴う解雇となっている。

4~6月期の総雇用者数については、前期比で5,500人増えた。速報値の3,300人を大きく上回っている。

6月時点の失業率(季節調整済み、外国人を含む)の改定値は2.2%で、速報値から変わらず。シンガポール人と永住権(PR)保持者は3.1%、シンガポール人のみは3.3%だった。

6月時点の求人件数は4万7,700件で、3月の5万7,100件を下回った。

MOMは今後の見通しについて、「貿易産業省は今年の国内経済の成長率見通しを下方修正しているが、1~6月期は金融・保険、情報・通信などのサービス業で雇用者数が増加した。引き続きサービス業での雇用拡大が労働市場全体を下支えする」と予想している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

食品新興企業の拠点、砂糖大手チェンが開設(18:37)

8月の民間住宅販売戸数、鬼節でも約2倍に(18:36)

8月の新車登録4%減、乗用車と商用車不振(19:53)

皆保険代替プラン提供企業、収益が改善(17:03)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(16:06)

テイクオフ:シンガポールやマレーシ…(09/16)

一般人で「絆」、日系も利用 インフルエンサー活用が浸透(下)(09/16)

三井不動産の合弁、1.5億Sドルで住宅用地落札(09/16)

JR西、香港サイトと域内訪日客誘致で提携(09/16)

無印良品、商標侵害のイウイガと和解(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン