• 印刷する

催涙弾の残留物を検出、専門家が調査

6月から香港各地で相次いでいる「逃亡犯条例」改正案に端を発した抗議活動の現場で、警官隊が使用した催涙ガスの成分とみられる残留物が検出されたことが11日、専門家チームの調査で分かった。専門家は残留物が住民の健康に何らかの影響を及ぼす可能性があるとして注意を促した。10日付スタンダードが伝えた。

調査は8月18日、催涙弾などが使われた香港島の上環、西営盤、アドミラルティー(金鐘)と九龍の深水ホ(ホ=土へんに歩)、九龍湾、新界のセン湾(セン=くさかんむりに全)で実施。専門家チームが道路や建物の壁の付着物を採取したところ、催涙ガスに含まれる成分が検出された。

チームを率いた李浩基(マイケル・リー)氏は、催涙ガスが使用されてから数週間がたつにもかかわらず残留物が検出され、「成分は短期間でなくなるという警察の説明と矛盾する」と語った。

スタンダードによると、各地でこれまでに行われた抗議活動で警官隊が使用した催涙弾は2,000発を超える。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港の老舗化粧品ブラン…(07/08)

6月輸出は前年比3.8%減に 電子・通信の伸び継続が好材料(07/08)

マグウェーの緊急発電事業、香港系が稼働(07/08)

第3波か、域内感染相次ぐ 新たに9人、臨時休校も(07/08)

香港、国安法委が実施細則決定(07/08)

米アップル、国安法の影響「評価中」(07/08)

香港金融AMTD、フィンテック企業を買収(07/08)

反落、本土証券銘柄に売り=香港株式(07/08)

香港は海外企業の上場先に、上場委トップ(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン