• 印刷する

フィッチ、香港鉄路を格下げ=政府と緊密

欧州系格付け大手のフィッチ・レーティングスは10日、香港鉄路(MTR)を運営する香港鉄路公司(MTRC)の自国通貨および外貨建て発行体デフォルト(債務不履行)格付け(IDR)を従来の「AAプラス」から「AA」に1段階引き下げた。格付け見通しは「ネガティブ(弱含み)」とした。11日付香港経済日報が伝えた。

フィッチは格下げの理由について、MTRCは香港政府と関係が緊密で、政府にとって重要な戦略的意義を持つためと説明。先に香港全体の長期発行体格付けを「AA」に下方修正しており、MTRCの格付けおよび見通しも同様に引き下げた形だ。

フィッチは、香港の長期債格付けにポジティブな変化があれば、MTRCの格付けも見直すと指摘。一方で、香港の格下げのほか、香港政府のMTRC株保有比率の低下や同社株の希薄化、香港の社会・政情の悪化などはいずれも同社の格下げ要因になり得るとしている。

香港政府のMTRC株の持ち株比率は現在、75.4%に達している。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融運輸

その他記事

すべての文頭を開く

サイムダービー、中華圏で自動車事業拡大へ(15:58)

テイクオフ:台湾の台北市に、台湾に…(05/27)

観光収入が1千億元消失 3カ月で、4月の訪台者過去最低(05/27)

本土企業、香港上場ラッシュ 米国の対中制裁、「回帰」促す(05/27)

4月の台湾人出境、99%減の1.1万人(05/27)

国家安全立法は中央の権利、香港行政長官(05/27)

パッテン元総督、G7で国安法の議論求める(05/27)

国家安全法は基本法と矛盾、法廷弁護士協会(05/27)

ゼネストや交通妨害計画、国歌条例案阻止で(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン