• 印刷する

音声操作で銀行取引、OCBC銀が開始

OCBCはシンガポールで初めて、音声操作による銀行取引サービスの提供を開始した(同行提供)

OCBCはシンガポールで初めて、音声操作による銀行取引サービスの提供を開始した(同行提供)

シンガポールのOCBC銀行は10日、音声操作で銀行取引ができるサービスを開始したと発表した。同様のサービス導入は国内初という。

対応するのは、◇口座残高照会◇支出履歴の確認◇請求書やクレジットカードの支払い◇PINナンバー(暗証番号)の変更◇最寄りの現金自動預払機(ATM)の位置情報――といったサービスだ。

顧客がモバイルバンキング用アプリ内の「バンクアシスタント」の表示をクリックし、マイクの表示を押してスマートフォンに話し掛けると取引を進めることができるようにした。

OCBCは8月から、アプリ上で人工知能(AI)を使って支出・資金管理や出入金などの問い合わせに対応する音声アシスタントサービスを提供しており、これまでに2万件以上の利用があった。

今回導入した新サービスでは一歩進んで、顧客が行員と会話をしているような感覚で、実際の取引を行えるようにした。AI技術は、米国のフィンテック(ITを活用した金融サービス)企業クリンクが提供している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染40人、市中は4人(20日)(18:24)

電力SP、重慶エネルギー会社の株式取得(18:12)

シンガポール、公文書認証不要条約に加盟(16:38)

米社が特別会社設立計画、東南ア企業買収へ(16:35)

業界団体と商工会、公正な雇用慣行実現で協力(16:35)

テイクオフ:今年は2月半ばの春節(…(01/20)

3道県が日本酒の拡販狙う 域内最大市場、試飲企画で(01/20)

航空・海事業界でワクチン接種開始(01/20)

シンガポール航空、衛生安全基準で最上級認定(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン