• 印刷する

テイクオフ:久しぶりに日本の夏を体…

久しぶりに日本の夏を体験した。熱中症で人が倒れたというニュースはよく耳にしていたが、熱帯の国シンガポールと東京の夏の気温はそれほど変わらない。なぜ日本ではそんなに熱中症が多いのか。いぶかしく思っていたが、実際に日本に滞在してその辛さが分かった。

真夏日に実家で30分ほど掃除機をかけていたら急に気分が悪くなった。シンガポールでは体験したことのない感覚だ。その日の湿度は約80%。当地でも湿度がこれぐらいまで上昇する時はあるが、日本の方が不快指数は高い気がする。海に囲まれたシンガポールは風がよく吹き込むことが、体感温度と関係しているのかもしれない。

日本で近年、熱中症が増えている背景には都心部のヒートアイランド現象の加速や、高齢者など熱中症弱者が増えていることがあるとか。シンガポールでも、地球温暖化でこれ以上気温が上がらないことを望む。(雪)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信スターハブ、19年通期は4期連続の減益(18:17)

金融UOB、8%増益で過去最高益(18:04)

シンガポールドル急落、新型肺炎の影響で(17:49)

セムコープ、10~12月期は赤字転落(15:39)

金融OCBC8%増益、3年連続過去最高益(14:07)

完全外出禁止は77人(19日正午)(12:38)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(20:04)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

卸売り販売額17%低下、3年半ぶり下落幅(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン