関電のナムニアップ第1発電所が運転開始

関西電力は6日、ラオスのメコン川支流に建設していたナムニアップ1(NNP1)水力発電所が5日に商業運転を開始したと発表した。年間発電量は約15億キロワット時(kWh)と、同社が富山県に持つ黒部川第4発電所(クロヨン)の1.5倍。同社は「第2のクロヨンと称すべき壮…

関連国・地域: タイラオス日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

北西部サイニャブリ県、豪雨で洪水被害(08/05)

チャーター機の運航許可、政府が一時停止に(08/04)

国内の貧困率、18~19年は18.3%に低下(08/04)

中老鉄路、線路の敷設21.4%が完了(08/04)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長、3.3~3.6%に下方修正 第151回(08/04)

3700人以上がデング熱に感染、9人死亡(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン