• 印刷する

LCCノック、10月末に札幌便を就航

タイとシンガポール合弁の格安航空会社(LCC)、ノックスクート・エアラインズは10月27日に札幌直行便を就航する。同社にとって日本では東京、大阪に次ぐ3都市目となる。ネーションなどが28日報じた。

火、木、土、日の週4便で、運航スケジュール(現地時刻)はバンコク(ドンムアン空港)―札幌(新千歳空港)が午前4時発、午後0時15分着、札幌―バンコクは午後2時55分発、同8時35分着。機材はボーイングの777―200を使用する。座席は「スクートプラス・プレミアム・エコノミー」が24席、「エコノミー」が391席の計415席となる。きょう30日まで、10月27日から12月20日までの片道航空券を、2,999バーツ(約1万400円)からの特別価格で提供している。

タイ観光・スポーツ省によると、2018年にタイを訪れた日本人観光客は165万人で、このうち、北海道からは17万4,893人に上った。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ正月前に新型コロナ…(04/19)

18都県を高リスク地域に指定 活動制限を強化、正月で感染拡大(04/19)

市中感染1765人、最多更新続く(18日)(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

ノックエア、再建計画の提出を5月に再延期(04/19)

首都東部―中部間の高速道、4区間別に開発(04/19)

北部チェンコンの物流倉庫、第1期が完成(04/19)

タイオイル、石油在庫のヘッジ率を50%に(04/19)

水資源委、主要河川流域の塩水化対策に本腰(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン