• 印刷する

住友電工、交通管制システム導入事業を完了

住友電気工業は28日、三菱商事と共同でカンボジアの首都プノンペン政府から受注した「交通管制システム整備計画」事業を、昨年12月に完了したと発表した。首都の115カ所に信号制御機などを設置したほか、車両の流れを最適化する交通管制センターを整備した。住友電工が海外で本格的な交通管制システムを導入したのは、カンボジアが初めて。

事業では、プノンペンの115カ所に信号制御機、車両用や歩行者用の灯器、車両感知器を設置。26カ所に交通状況をモニタリングするカメラを設置した。

また、交通管制センターの整備も実施。光ケーブルで接続した車両感知器で交通情報をリアルタイムに収集することで、交通状況に適した信号制御を行うことが可能となった。

同事業は2015年12月から、日本政府による17億2,700万円を上限とする無償資金協力で進められた。今月8日にはプノンペン政府主催の完工式が開かれ、コウン・スレン知事から住友電工と三菱商事に感謝状が贈られた。式典には、プロジェクト関係者やメディアなど約250人が参加した。

住友電工はこれまで、海外ではタイやミャンマーで信号制御機を導入した実績がある。今後も東南アジアをはじめとする海外で、各国の交通事業に適した交通管制システムを提案していく方針だ。

プノンペンに設置された信号制御機と信号灯器(左)、交通管制センターの様子(右)=住友電工提供

プノンペンに設置された信号制御機と信号灯器(左)、交通管制センターの様子(右)=住友電工提供


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/18)

7~9月のコンド供給、5100戸以上(10/18)

欧州3国、EUの経済制裁回避に協力約束(10/18)

銀行間決済システム、中銀が試験的に始動(10/18)

【カンボジア経済通信】米中貿易戦争で漁夫の利か 第350回(10/18)

SBIが地場子会社化、銀行事業に再参入(10/17)

シアヌークビル港取扱量、1~9月は18%増(10/17)

主要3空港の旅客数、1~9月は15%増(10/17)

シエムレアプの大型文化施設、政府が認可(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン