• 印刷する

三菱商事、医療関連企業に10億ルピー出資

三菱商事は、インドのヘルスケア企業サスタサンダー・ヘルスバディに10億ルピー(約15億円)出資することで合意した。サスタサンダー・ヘルスバディの親会社サスタサンダー・ベンチャーズが26日発表した。

三菱商事の広報担当者はNNAに対し、「出資に合意した。取引完了の時期は未開示」と説明。出資の目的について、「サスタサンダーが展開する医薬品流通の効率化や予防医療サービスなどを通じ、インドの健康向上に寄与したい」とコメントした。

サスタサンダーは2013年の設立で、東部・西ベンガル州コルカタに本拠を置く。医薬品のオンライン販売とフランチャイズの薬局デポ(在庫を持たない薬局)を組み合わせたビジネスモデルを展開するほか、カウンセリングや自宅での健康診断など、医療サービスを提供する。医薬品販売では100%正規品保証と配送サービスを売りにしている。

サスタサンダー・ヘルスバディは、17年にロート製薬と資本業務提携を締結し、ロート製薬から500万米ドル(約5億3,000万円)を調達している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド経済に関するデー…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

法人減税で民間投資の促進へ 1.5兆ルピー規模、財政悪化の懸念も(09/23)

南部に医療インフラ拠点、日本輸出で初(09/23)

エーザイ、抗がん剤の販売で米マイランと提携(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

日通が地場同業に22%出資、国内物流を拡大(09/23)

国道公団、用地未取得の事業打ち切りへ(09/23)

マルチスズキ、祭事期に小型SUV投入(09/23)

タタ、5車種で装備充実の「プロ」仕様導入(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン