稼働率が大幅低下、首都圏の産業団地で

韓国の中小製造業が危機に瀕(ひん)している。27日付韓国経済新聞によると、国内外の経営環境が悪化し、首都圏の産業団地の稼働率がこの3年で大きく落ち込んだ。背景には、製造業の競争力の弱体化のほか、米中貿易摩擦が激化したことがあるという。 産業団地の状況をまとめたポ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インターネット上での書…(10/21)

豪ガソリン輸入、米国から急増 主要調達先の市価上昇で(10/21)

韓国有機EL事業に死角あり 特許訴訟、拡大の懸念高まる(10/21)

電動車輸出の伸び顕著、SUVがけん引(10/21)

現代・起亜自、SUVの電動化を加速(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

3Q家電販売、エアコン不振などで9%減(10/21)

オープンバンキング、12月18日に開始へ(10/21)

韓国Wadiz、シンガポール進出へ(10/21)

SKインフォが中国現法、系列向けに供給(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン