• 印刷する

車輸送の日系合弁、数年で70億ルピー投資

インドの複合企業(コングロマリット)サムバルダナ・マザーサン・グループは26日、傘下の自動車部品大手サムバルダナ・マザーサン・インターナショナル(SAMIL)と、サード・パーティー・ロジスティクス(3PL)事業を展開するハマキョウレックスが、インドでの完成車の陸上輸送を手掛ける合弁会社を設立したと発表した。向こう数年間で事業に70億ルピー(約103億円)を投じる。

ハマキョウレックスの4月の発表によると、折半出資で合弁会社サムバルダナ・マザーサン・ハマキョウレックス・エンジニアード・ロジスティクス(SAMRX)を設立した。

SAMRXは日本の近代的で安全な輸送事業をインドにもたらすことを目指し、輸送効率向上のための技術を展開する。数年間で70億ルピーを投じ、直接または間接的に5,000人の雇用を生み出す計画だ。

SAMRX設立式には、スズキの鈴木修会長らが出席した(サムバルダナ・マザーサン・グループ提供)

SAMRX設立式には、スズキの鈴木修会長らが出席した(サムバルダナ・マザーサン・グループ提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:デリー首都圏に立ち並ぶ…(07/07)

ケララ州、州都で1週間の厳格な封鎖を導入(07/07)

80万のインド人、クウェートから強制出国か(07/07)

コルカタ行きの航空便、19日まで一部運休(07/07)

イランの港湾、インド貨物の積み替え開始(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン