• 印刷する

テイクオフ:「シンガポール・ナイト…

「シンガポール・ナイト・フェスティバル2019」が開催中だ。8月末までシンガポール国立博物館や周辺の施設、公共エリアでライトアップやオブジェが設置され、屋台などが出店している。中でも目玉となっているのは、国立博物館のファサードのプロジェクションマッピング。正面の外観がライトアップされるだけでなく、映像が映し出され、あたかも建物そのものが話したり動いたりしているように見える演出が施されている。

今月9日の建国記念日ほどではないものの、ナイト・フェスティバルもなかなかのにぎわい。たくさんの地元住民が集まり、楽しげに時間を過ごしている。観光客の姿も多い。

人の多さには少しうんざりしたが、ラッフルズ卿の上陸から200周年を迎える今年の演出は、特に気合が入っているようで見応えがある。ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シンガポール工科大学、卒業生の給与上昇(15:22)

地場インフルエンサー企業、人材発掘へ資金調達(15:16)

ヤンゴン駅開発で住商に打診 中国企業が連合脱落、再協議へ(09/19)

テイクオフ:週末の朝に外出した際、…(09/19)

香港SI事業者が東南ア強化 売上高、5年で5億米ドルへ(09/19)

東南アの訪日者、8月は5カ月ぶり2桁成長(09/19)

空港周辺の道路建設6件、年内に入札実施(09/19)

不動産投信ケッペル、データセンター2カ所取得(09/19)

共用オフィスのジャストコー、上海に3カ所目(09/19)

半導体STマイクロ、生産能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン