• 印刷する

プロドゥア、スリランカで小型車シェア首位

ダイハツ工業が出資するマレーシアの国民車メーカー、プロドゥアは26日、今年1~7月に小型セダン「ベザ」がスリランカの排気量1000ccの新車市場でシェア首位に立ったと発表した。2017年6月に同国で発売して以来、累計販売台数は約1,500台となった。

スリランカでの販売価格は369万スリランカルピー(約217万円)。プロドゥアにとって、同国は海外で最大の市場で、地場正規代理店ユニモ・エンタープライジズと組んで市場参入した1997年以来の累計販売台数は1万5,600台余りとなった。

プロドゥアのザイナル・アビディン・アフマド最高経営責任者(CEO)は「ユニモと協力してブランドの浸透に努め、一里塚を築くことができた」と述べた。スリランカではベザと、15年に投入した小型ハッチバック「アジア」が主力モデル。アジアは発売以来、同国で3,000台ほど売れている。

プロドゥアは今年、前年比50%増の3,270台をスリランカに輸出する計画だ。

プロドゥアの小型セダン「ベザ」(同社提供)

プロドゥアの小型セダン「ベザ」(同社提供)


関連国・地域: マレーシアスリランカ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の新聞には、証券ア…(10/24)

住宅在庫の解消に効果薄 外国人の購入緩和、実行性も疑問(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

9月消費者物価は1.1%上昇、交通が下押し(10/24)

韓国系カーシェア、マレーシア事業を拡大(10/24)

新興フラックス、車の定額利用サービス開始(10/24)

独メルセデス、今年販売は6年ぶり前年割れ(10/24)

タタ傘下の航空2社、昨年度に赤字幅が拡大(10/24)

RM1=25.9円、$1=4.19RM(23日)(10/24)

ロボアドバイザー、証券委が2社を承認(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン