• 印刷する

アンコール航空、プノンペンーダナン線就航

国営カンボジア・アンコール航空(CAA)は、首都プノンペン―ベトナム中部ダナン線を11月27日に就航する計画だ。クメール・タイムズ(電子版)が26日伝えた。

22日に行われた観光省とCAAの会合後に発表された。CAAがダナンへの直行便を就航するのは、北西部シエムレアプに次いで2都市目となる。

タオン・コン観光相は、ダナンがベトナムの主要な観光地の一つであるとの認識を示した上で、「ダナンを訪れる外国人観光客が、直接プノンペンに来れるようになる」とコメント。カンボジアへの観光客増加に期待を寄せた。

CAAは国内線ではプノンペン、シエムレアプ、南部シアヌークビル、国際線では中国、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ラオス、オーストラリアに就航している。


関連国・地域: ベトナムカンボジア
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

アジア各国からの旅行者誘致、観光省が計画(08/06)

周辺3カ国労働者、22年3月末まで滞在許可(08/06)

韓国ウリ銀、非対面営業拡充で越などへ増資(08/06)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

自転車輸出額、今年は昨年実績超えも(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン