下期にインフラ投資回復、運輸業界に恩恵

マレーシア産業開発金融(MIDF)系シンクタンクのMIDFリサーチは22日、政府のインフラ投資が下半期(7~12月)に活発化し、工事現場にプレキャストコンクリートなどの構造物を搬入する運輸・倉庫業界に追い風になるとの見通しを示した。 マレーシアの今年第2四半期(4…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「彼氏と別れちゃった」…(01/27)

東南ア最大のFDI落ち込み 昨年68%減の25億ドル=国連試算(01/27)

【食とインバウンド】問われる日本のサステナブル(01/27)

20年新車販売、国民車が外資の牙城切り崩し(01/27)

新規感染3585人、ス州が最多の4桁(01/27)

RM1=25.6円、$1=4.05RM(26日)(01/27)

新型コロナ対策の手順書厳格化も、貿産省(01/27)

厳格な制限令は延長しない見通し=保健局長(01/27)

ベルマツ、起亜車の生産・販売権取得か(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン