• 印刷する

起亜自がインド参入、SUVセルトスを発売

セルトスの事前予約は3万台を突破していた=22日、インド・西部ムンバイ(キア・モーターズ・インディア提供)

セルトスの事前予約は3万台を突破していた=22日、インド・西部ムンバイ(キア・モーターズ・インディア提供)

韓国の起亜自動車は22日、中型スポーツタイプ多目的車(SUV)「セルトス」を発売し、インド市場に参入した。価格は96万9,000ルピー(約144万円)からとなる。

現地法人キア・モーターズ・インディアのコクヒョン・シム社長兼最高経営責任者(CEO)は「インドに初めて投入する製品として、エンジンなどに最新鋭の技術を搭載した。セルトスがインドの中型SUV市場を再定義するモデルになると確信している」とコメントした。

セルトスは発売前に3万2,000件余りの予約が入っており、22日に納車を開始した。起亜自が南部アンドラプラデシュ州アナンタプールに設けた年産30万台の工場で生産している。

■ディーゼルもBS6対応

セルトスには排気量1.5リットル、1.4リットルのガソリンエンジン車と、排気量1.5リットルのディーゼルエンジン車を用意した。ガソリン・ディーゼル車ともに来年4月に導入される新たな排ガス基準「バーラト・ステージ(BS)6」に対応。価格は1.5リットルのガソリン車が96万9,000~137万9,000ルピー、1.4リットルが134万9,000~159万9,000ルピー。ディーゼル車は99万9,000~159万9,000ルピー。

エアバッグは運転席と助手席に装備。インフォテインメント面では米ボーズのスピーカーシステムを搭載した。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界第2位の武器輸入国…(09/18)

ヒーローがeバイクの新モデル ヤマハ発と提携、100台試験販売(09/18)

南部タミルナド州、EV普及政策を公表(09/18)

アショク、電動車で外資と合弁設立を検討(09/18)

TVS、インドネ産バイクをアフリカで発売(09/18)

エンジンの米カミンズ、BS6適合認定取得(09/18)

米モトローラ、インドでテレビ市場参入(09/18)

テレビとエアコン、政府内に税率引下げの要望(09/18)

アップル、印での生産強化に10億ドル投資(09/18)

タタIT、米GMの技術要員1300人受け入れ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン