プノンペンSEZ、上期に黒字転換を実現

カンボジアの経済特区(SEZ)運営大手、プノンペン経済特区社(PPSP)は22日に発表した2019年上半期(1~6月)決算(監査前)で、937万8,700米ドル(約10億円)の純利益を計上した。 新たなSEZ開発などによる営業コストの拡大などで、110万8,300米ドルの赤字を記録し…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

来年の最低賃金、政府提示額は187ドル(09/20)

ローズウッドホテル、シエムレアプで開業へ(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

【カンボジア経済通信】上半期の観光市場、明暗分かれる 第349回(09/20)

世銀、カンボジアの開発支援に千億円超(09/19)

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

シエムレアプに観光新都市、客足回復に期待(09/19)

カンボジア商工会議所、メン氏が会頭再選(09/19)

衛星タイコム、カンボジア子会社を売却(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン