• 印刷する

首都移転先は東カリマンタン州、都市計画相

インドネシアのソフィアン・ジャリル農地・都市計画相は22日、政府が計画する首都の移転先は、東カリマンタン州と明らかにした。ただし、具体的な地名については「知らない」と述べた。複数の地元メディアが同日伝えた。

ソフィアン氏は、ジャカルタの経済調整省で同日開かれた、国防法案について話し合う調整会議の終了後、首都の移転先について東カリマンタン州と言明した。

新首都について、全域で20万~30万ヘクタール規模の用地が必要になると説明、このうち約3,000ヘクタール分を既に確保していると説明した。

首都の移転計画については、4月の閣議で決定。ジョコ・ウィドド大統領は16日の施政演説で、移転先はカリマンタン島とあらためて表明、国会に正式に提案した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(19:03)

加糖飲料課税、業界への影響検討=産業省(19:46)

洪水対策、首都政府に強化を求める声(19:46)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:花粉症持ちには厳しい季…(02/26)

雇用オムニバス法、批判続々 労組・学生団体はともに反対表明(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

首都圏で再び洪水、交通網や電気系統も影響(02/26)

産業省、4月にもEVの技術指針規定を公布(02/26)

タイヤ需要、新車市場低迷でも好調見通し(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン