ポスコ、中国で正極材工場を新設

韓国鉄鋼大手のポスコは22日、リチウムイオン電池向け部材の正極材を生産する中国工場を新設したと発表した。中国製錬会社の華友コバルトとの合弁工場で、年産能力は5,000トン。中国が進める環境規制で普及が見込まれる電気自動車(EV)向けの需要に対応する。 中国浙江省に立ち…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国は本来、漢字圏の国…(09/18)

原油急騰、韓国経済にも影 企業コスト増や消費減退を懸念(09/18)

LGU+、中国で5Gローミングサービス(09/18)

現代自、米工場に3億米ドル追加投資(09/18)

全家、11月にも台北で韓国チキン店(09/18)

韓国電池3社、VWにEVバッテリー供給(09/18)

次世代自動車の見本市、10月に大邱で開催(09/18)

韓国のフッ化水素の対日輸入量、8月はゼロ(09/18)

ハンファトタル、エチレン生産設備増設完了(09/18)

コーロン、社内ベンチャーで素材国産化へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン