• 印刷する

セルトリオン、日本で乳がん薬の追加許可

韓国のバイオ医薬品大手セルトリオンの販売子会社、セルトリオンヘルスケアは22日、乳がん治療薬「ホジュマ」が日本の厚生労働省から追加販売許可を取得したと発表した。

ホジュマはスイスの製薬会社ロシュ「ハーセプチン」(一般名トラスツズマブ)のバイオ後続品。同薬は、「1週間で1回投与」と「3週間で1回投与」の療法で分かれており、今回は3週間1回投与の治療薬の販売許可を取得した。週1回投与する治療薬は昨年11月に厚生労働省から承認を受けている。

販売は日本化薬と共同で行う。米調査会社IQVIAによると、日本のトラスツズマブ市場は約4,000億ウォン(約352億円)規模だ。日本は「3週間1回投与」で治療する患者が9割を超えるとされていることから、セルトリオンは追加許可を通じて、市場を開拓する考えだ。

セルトリオンは日本で関節リウマチ薬のバイオ後続品「レムシマ」を2014年から販売している。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 医療・医薬品化学

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国企業で働いていた頃…(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

アシアナ売却、HDCに交渉権 航空業界に再編の波も(11/13)

現代自、10月の販売台数7737台で首位(11/13)

失業給付金の支給額、過去最高を記録(11/13)

20年の経済見通し、大手が「冬の時代来る」(11/13)

成長滞る中堅企業、規制強化も一因(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

現代自、ロードノイズを音波で低減へ(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン