首都港のコンテナ取扱量、1~7月は30%増

カンボジアの首都プノンペンの河川港であるプノンペン自治港(PPAP)の貨物取扱量が順調に増えている。1~7月のコンテナ取扱量は前年同期比29.5%増の15万419TEU(20フィートコンテナ換算)、燃料油・ガス取扱量は同25.3%増の220万8,237トン、寄港船舶数は12.9%増の1,3…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

今年のGDP予測マイナス0.3%、米格付け(05/26)

電機関連品の輸出好調、1~4月は33%増(05/26)

中国系の太陽光発電事業を認可、出力60MW(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

コロナ新規感染者2人、計124人に(05/25)

JC航空、7月からチェンマイ直行便を運航(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン