東電などのLNG輸入、容量倍増で稼働遅延へ

東京電力と中部電力の合弁会社JERAと丸紅が参画するオーストラリア・ニューサウスウェールズ(NSW)州ケンブラ港の液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルの稼働時期が、当初予定の2020年後半から21年にずれ込む見通しだ。LNGの需要増に対応し、供給能力を当初計画より倍…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで新型コ…(05/26)

豪NZの開放、QLD州は後? 豪首相、州境閉鎖固持に警告(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

〔ポッサムのつぶやき〕QLDの五輪立候補、東京五輪延期で暗雲(05/26)

VIC州、自宅の集合人数を20人に拡大(05/26)

〔オセアニアン事件簿〕WAに巨大サイクロン、停電被害6万件(05/26)

シドニー空港、他国空港と安全対策協議へ(05/26)

〔オセアニアン事件簿〕カンタス、ジョブキーパーで不正?(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン