• 印刷する

貿易赤字が前年同期比で6割減、7月まで

ミャンマーの貿易収支は、2018年度(18年10月~19年9月)年初から19年7月までで11億1,700万米ドル(約1,189億円)の赤字だった。輸出が6%伸びる一方で、輸入が5%減少した結果、貿易収支は改善しており、赤字幅は前年同期を61%下回った。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが21日伝えた。

輸出総額は140億5,000万米ドルだった。主力の製造品が22%増の81億3,000万米ドルと好調だった。また農産品も12%増の28億1,000万米ドルだった。一方で、鉱物は27%減の12億9,000万米ドルにとどまった。

輸入総額は151億6,000万米ドル。資本財、中間財、消費財が軒並み減少した。CMP(裁断・縫製・梱包)受託方式による縫製品の原料は、18%増の19億8,000万米ドルに達した。縫製産業の発展が、原料輸入の増加に表れている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

家計収入47%減、コロナ禍 4割弱が失業状態=政府調べ(01/26)

食料援助が必要な国、ミャンマーも=国連(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

電化率58%、30年に100%達成可能=電力相(01/26)

新たに476人の新型コロナ感染確認=24日夜(01/26)

10~12月期のコメ輸出、中国向けが7割超(01/26)

本年度の農産品輸出、39%増え14.6億ドル(01/26)

プラごみが急増、外出自粛中の料理宅配増で(01/26)

違法伐採の材木摘発、20年は9900トン(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン