• 印刷する

テイクオフ:日本映画の宣伝広告を海…

日本映画の宣伝広告を海外で目にすると、世界で活躍する日本人に対する感情と似て、胸が熱くなることがある。特に最近は、世界をリードし続けている日本のアニメを海外でも見る機会が多くなってきた。

新海誠監督の最新作アニメ映画「天気の子」がインドネシアの映画館で21日、全国一斉公開された。東南アジア地域では一番乗りだ。この監督の作品を初めて見たのは十数年も前の海外のスクリーンだったから、個人的には思い入れがある。当時から世界を見据えていたのだろうか、その野望は前作「君の名は。」でことごとくかなったのは言うまでもない。

光とその配色が繊細に描かれているのが印象的で、最新作でも世界中の観客を魅了するだろう。今回の作品は、アフレコにも時間をかけたと聞く。ジャカルタの映画館が吹き替えではないことを祈り、さらなる大ヒットを願う。(上)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月初めにツイッターで…(01/27)

【食とインバウンド】問われる日本のサステナブル(01/27)

コロナ感染者累計100万人超 2カ月で倍増、検査態勢など強化(01/27)

新投資公社、海外から100億ドル出資へ(01/27)

雇用創出法の細則規定、政令8本を追加へ(01/27)

カユアグン―パレンバン開通、スマトラ高速(01/27)

ANA、成田便運休を10月30日まで継続(01/27)

30年にガソリン輸入停止へ、エネ鉱省(01/27)

石炭協会、ロイヤルティー14~20%を提案(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン