• 印刷する

陸路や鉄道の復旧急ぐ、武装集団の襲撃受け

ミャンマー北東部シャン州、北中部マンダレー管区で15日朝、橋の検問所など6カ所が少数民族武装勢力に襲撃され15人が殺害された事件を受け、ミャンマー政府は寸断された陸路や鉄道の復旧を急いでいる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が19日伝えた。

■鉄道運行再開は9月1日予定

マンダレーとシャン州ラショーを結ぶ鉄道は、事件後も動いているとの情報がソーシャルメディアなどで流れたが、ミャンマー国鉄(MR)によると、運行の再開は早くとも9月1日になる見通しだ。また、建設省は中国雲南省と結ぶ幹線道のルート上にあるナウンチョー郡区の橋が破壊されたことから、代替の橋を20日の完成を目指して建設中。橋が出来上がるまでは、ラショー~ナウンチョー間で別ルートを使うことができるという。

ホテル・観光省によると、襲撃事件が発生したラショー、ティーボーで足止めを余儀なくされていた外国人観光客57人は17日、民間航空会社エア・カンボーザ(エアKBZ)の臨時運航便で、最大都市ヤンゴンに戻った。

観光業界は、ナウンチョー付近への旅行を予定していた観光客に対し、高原の避暑地ピンウールウィン(メイミョー)への旅行先の変更を促し始めたもようだ。ただ、在ミャンマー日本国大使館はピンウールウィンを含む周辺地域を対象に「不要不急の旅行などを差し控えること」を勧告する渡航情報を発出して、邦人に注意を呼び掛けている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「日本に行く」 意欲は不変 オンライン授業・面談が定着(07/09)

第4回パンロン会議、来月12~14日に開催(07/09)

救援機で帰国のミャンマー人、6800人超に(07/09)

新たな感染者なし、累計316人=8日朝(07/09)

タニンダーリの真珠養殖、合弁設立の入札へ(07/09)

ガソリンスタンド閉店、4年で43店(07/09)

マンダレー、1.6万灯の街灯を年内に設置へ(07/09)

武装勢力制圧へネット遮断は継続、政府声明(07/09)

翡翠鉱山の地滑り、国軍高官2人の責任追及(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン