• 印刷する

拡大続く豪観光業、雇用者が100万人突破

オーストラリアで観光業界の労働者が過去10年間に34%増加し、合計で約100万人に達したことが、オーストラリア貿易促進庁(オーストレード)の調査で分かった。全就業者の13人に1人が観光業界で働いていることになり、製造業を超えて業種別で最高に近づく勢いだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

背景には、観光業界が拡大を続けていることがある。外国人観光客による年間支出額は過去9年間連続で増加し、年間1,430億豪ドル(約10兆3,100億円)規模に達した。国籍別で見ると、2018/19年度は中国人が最多の143万2,000人。次いでニュージーランド(140万7,000人)、米国(81万1,900人)の順となる。

雇用面で観光ブームの恩恵を最も受けているのがタスマニア(TAS)州だ。TAS州内で17/18年度に国内外の観光客が消費した額は、前年度比で約10%増の440億豪ドルに伸びた。ニューサウスウェールズ州(425億豪ドル)やビクトリア州(331億豪ドル)、クイーンズランド州(326億豪ドル)を上回っている。

また、観光業界で働く人の割合も全国平均より高い。全国平均の8%に対し、TAS州は8.7%に上っている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 観光雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

香港への統制強化、米国務長官報告書が指摘(11:38)

テイクオフ:新型コロナの感染を防ご…(05/29)

1Q設備投資、11年ぶり低水準 新型コロナが民間企業直撃(05/29)

信頼される豪ブランドにバニングス、トヨタも(05/29)

豪の渡航解禁先、7月からNZと太平洋諸国か(05/29)

〔政治スポットライト〕NSWとQLD対立、越境合意更新できず(05/29)

連邦制度改革、首長連絡会議の継続次第か(05/29)

〔政治スポットライト〕中国、今度はLNG輸入削減を示唆(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン