プノンペン商銀、上半期決算は28%増益

カンボジアの韓国系プノンペン商業銀行は、今年上半期(1~6月)の純利益が前年同期比約28%増の約800万米ドル(約8億4,900万円)に達したことを明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が16日に伝えた。 同期の貸出残高は同32.5%増、預金残高は15%増と好調に推移。総資…

関連国・地域: 韓国カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国人観光客、1~7月は11%増(09/13)

厦門航空、シアヌークビル便を就航へ(09/13)

クリスエナジー債務返済期限、11月まで延長(09/13)

オイシ、国内外で日本食20店出店へ(09/13)

メットフォンと華為、5Gの試験運用開始(09/12)

ポイペト・カジノの豪ドナコ、赤字膨らむ(09/12)

シアヌークビルの排水処理復旧に1億米ドル(09/12)

フン・セン首相、ロヒンギャ難民帰還を支援(09/12)

メイバンク、中華圏と比・カンボジアを重視(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン