• 印刷する

日本の対カンボジア貿易額、上半期は17%増

日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、1~6月の日本のカンボジアとの貿易額は、前年同期比16.8%増の10億4,900万米ドル(約1,110億円)だった。輸出額が前年同期比34.0%増の2億5,600万米ドル、輸入額が12.2%増の7億9,300万米ドルだった。貿易収支は5億3,700万米ドルの赤字だった。

プノンペン・ポスト(電子版)が15日伝えたところによると、日本のカンボジアへの輸出品目は電気製品など、カンボジアからの輸入品目は衣料品、靴、自転車などが多かった。

カンボジア商工会議所(CCC)のリム・ヘン副会頭は、「日本企業によるカンボジアへの投資は、プノンペン経済特区(SEZ)を中心に増えている。日本企業がSEZ内で製造する製品は、多くが日本市場に輸出されている」と説明した。

カンボジア中央銀行によると、カンボジアの1~6月の輸出額は68億米ドルで、仕向け地別で日本は4番目に多かった。輸入額は105億米ドルだった。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

20年経済成長率はマイナス1.9%、中銀予測(07/15)

ファイナンスリース残高、上半期は43%増(07/15)

北東部州、ラオスとの国境ゲート設置検討(07/15)

東部サケオのカンボジア国境、貿易目的で再開(07/15)

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

サウジから帰国の15人、コロナ陽性(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン