KL北部で大規模複合開発、中国企業など

中国の不動産開発大手、碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)は14日、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)での大規模複合開発事業「レイクシティー@KLノース」を正式発表した。人口が拡大する同市北部の湖畔に、ホテルやオフィスビル、商業施設、集合住…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

独ボッシュ、ペナンに半導体検査拠点を設置(20:25)

コロナ特需、ゴム手袋周辺産業にも恩恵(20:25)

テイクオフ:「商売繁盛ですね」。営…(06/04)

短期的な回復計画、月内発表 産業界は無利子融資など要望(06/04)

RM1=25.5円、$1=4.27RM(3日)(06/04)

就業者の7割が職場復帰、先月17日時点で(06/04)

上場企業1Q決算に失望感、半数が予想以下(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン