• 印刷する

テイクオフ:100年以上の歴史があ…

100年以上の歴史があるクアラルンプール駅(旧中央駅)周辺を散策していると、親近感のあるたどたどしい英語で話し掛けられた。「日本人観光客かな」と思った次の瞬間、「中国語話せますか」と尋ねられ、「ノー」ととっさに口をついて出てしまった。中国からの観光客だろうか、写真撮影の依頼なら申し訳ないことをした。

その帰り、LRT(軽量軌道交通)の駅に向かって歩く途中でも、別の女性から中国語で道を尋ねられた。ポロシャツにジーンズのいでたちが、中国系マレーシア人に見えたのだろうか。ワイシャツ姿でも、会社近くの喫煙所でたばこを吸っていると、中国語で話し掛けられることがある。

英国人が設計した旧中央駅のように異国になじんでいる、と好意的に捉えるべきか。東南アジアに10年以上住み、ファッションが現地に完全に同化してしまったのかと思うと、複雑な心境だ。(谷)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

高速道4本買収を閣議決定、慎重論も(21:57)

世界年金指数、4ランク上昇の16位に(21:57)

マ産パーム油の輸入停止呼び掛け、印業界(21:57)

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

3Qの製造業景況感、08年4Q以来の低水準(10/22)

消費者心理は4期連続悲観圏、2年ぶり低水準(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン