• 印刷する

バタム島に格納庫を建設、大手航空2社

インドネシアの大手航空会社2社の整備子会社が合弁で、リアウ諸島州バタム島で航空機の整備や待機場として使用する格納施設の第3期工事に着手する。14日、建設地となるハンナディム国際空港の敷地内で着工式を行った。

格納庫を建設するのは、国営ガルーダ・インドネシア航空の航空整備子会社ガルーダ・メンテナンス・ファシリティ(GMF)エアロ・アジアと、格安航空会社(LCC)ライオンエア・グループのバタム・エアロ・テクニック(BAT)。

格納庫は一度にボーイング737やエアバス320クラスの航空機24機を収容できる。

両社は同日、再生タイヤの生産工場も合同で建設する計画についても合意書を締結した。CNNインドネシア(電子版)によると、一連の事業の投資総額は4億6,600万米ドル(約495億円)。

ライオン・グループの創業者ルスディ氏は「航空会社にとって機体の整備費用は、燃油に次いで大きな比重を占める運営コストだ」と述べ、国内で整備をガルーダ航空と共同で行うことの意義を強調した。

バタム島ハンナディム空港の格納庫着工式にはブディ運輸相(前列右)も出席した=14日、インドネシア(ライオンエア提供)

バタム島ハンナディム空港の格納庫着工式にはブディ運輸相(前列右)も出席した=14日、インドネシア(ライオンエア提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワ首都圏、7月2日までPSBB延長(06/05)

首都の社会制限は段階的緩和 6月は移行期間、出勤は8日から(06/05)

バンテン州、州内2県1市の出入りを許可制に(06/05)

労働者に住宅購入基金への加入を義務付け(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

コロナ復興予算、677兆ルピア規模(06/05)

中銀、銀行の準備預金に1.5%の利子適用(06/05)

SBI、初の当地特化合弁ファンドを設立(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン