カラグループ傘下、水力発電で協調融資獲得

インドネシア・ジャンビ州クリンチ県のムランギン水力発電所建設事業の事業主体クリンチ・ムランギン・ハイドロは、国営銀行4行と投資会社1社から総額6億8,975万米ドル(約726億1,400万円)のシンジケートローン(協調融資)を獲得した。同社は、ユスフ・カラ副大統領の息子ソリ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

インドフード、即席麺ピネヒルを買収(13:11)

リンクアジャ、新社長に女性COOが昇進(13:05)

テイクオフ:いつもと違うレバランだ…(05/26)

【この人に聞く】学校閉鎖で自宅学習の需要増 クイッパー、政府推奨も後押し(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

入国時にPCR検査実施、迅速検査陰性でも(05/26)

職場の「新常態」衛生手順を規定、保健省(05/26)

PSBB緩和条件、2週間連続で感染者減少(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン