TCL、再編後初の中間期は42%増益

深セン上場の半導体ディスプレーメーカー、TCL集団(広東省恵州市)は12日、2019年6月中間期決算を発表した。4月に実施した事業再編の影響を除いて計算した純利益は前年同期比42.3%増の20億9,200万元(約311億8,400万円)、売上高は23.9%増の261億1,900万元だった。 主力の…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤を自転車に代えた。…(06/01)

政府が少子高齢化に大なた 24年までに介護予算を600億元へ(06/01)

米国の対中制裁に政府猛反発 香港優遇措置の撤廃や留学生制限(06/01)

TSMC、7ナノで車用半導体事業に参入(06/01)

中国の香港統制著しく強化、米国務省報告(06/01)

成長率目標「あった方がいい」、政策担当者(06/01)

ファーウェイの代替育成、10カ国連携模索か=英(06/01)

米の香港優遇廃止、アナリストは警戒(06/01)

政府活動報告の履行を各部門に指示、国務院(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン