会徳豊の中間期3%減益、本土事業振るわず

香港の大手コングロマリット、ウィーロック(会徳豊)が12日発表した2019年6月中間期決算は、純利益が前年同期比3.2%減の83億2,700万HKドル(約1,120億円)だった。米中貿易摩擦による影響で中国本土の物流事業や住宅販売が振るわなかった。投資不動産の評価損益などを除いた基本…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

週末住宅取引、新築は37%減の229戸(12:59)

中欧班列の空コンテナ、補助金狙い報道否定(15:09)

テイクオフ:カンフー映画の世界的ス…(08/26)

8月中旬の旅客数半減 減少率が拡大、空港統計も悪化(08/26)

香港成長率を再度下方修正、スタンチャート(08/26)

香港で衝突、催涙ガス使用=周辺駅閉鎖で混乱(08/26)

香港デモ、再び衝突=警察は催涙弾で強制排除(08/26)

市民が「人間の鎖」、国際社会に支持訴え(08/26)

香港のカナダ総領事館、職員の本土出張中止(08/26)

マカオの2Q経済成長率、2期連続マイナス(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン