会徳豊の中間期3%減益、本土事業振るわず

香港の大手コングロマリット、ウィーロック(会徳豊)が12日発表した2019年6月中間期決算は、純利益が前年同期比3.2%減の83億2,700万HKドル(約1,120億円)だった。米中貿易摩擦による影響で中国本土の物流事業や住宅販売が振るわなかった。投資不動産の評価損益などを除いた基本…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

金融当局が香港ドル売り介入、9.8億HKドル(12:10)

前行政長官、「踏み絵」迫る 国家安全法、英銀2行が支持(06/05)

8割が国家安全法に懸念、香港米国商会調査(06/05)

香港、天安門の追悼強行=安全法に反発(06/05)

採決強行、国歌条例案を可決=香港立法会(06/05)

国家安全法「極めて少数が対象」、韓副首相(06/05)

中国、香港マカオ担当組織を格上げか(06/05)

米国、香港での監視強化に警戒促す(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン