• 印刷する

勤労者の半数、1000リンギの蓄え困難

マレーシアの勤労者の半数は、非常時のために1,000リンギ(約2万5,200円)を蓄えるのも難しい状況にある――。マレーシア中央銀行所管のクレジットカウンセリング・債務管理機関(AKPK)は、昨年に実施した調査の結果を基に、国民の金融リテラシーが不足している現状に懸念を示した。13日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

調査によると、調査では勤労者の5人に1人が過去半年間に一度も貯金をしていないと答えたほか、全体の30%が必需品を購入するために借金をしていると回答。預金だけで3カ月暮らせる人は24%、半年間の失業に耐えられる人は10%にすぎなかった。

AKPKのノア・ファズリーン運営担当ゼネラルマネジャーは「人々の無計画な支出行動を正し、若い頃から計画的なお金の遣い方を教え込む必要がある」と指摘。マハティール首相が先月発表した、国民の金融リテラシーを引き上げるための2019~23年の国家戦略に、関係各者が協力して取り組む必要があると強調した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

食品供給の正常化、業界団体が政府に要請(16:29)

病院IHH、隣国遠隔医療ベンチャーに出資(16:26)

テイクオフ:政府による2週間の活動…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

活動制限令、きょうから強化 営業や通行の時間帯を制限(04/01)

従業員リストの変更許可、日本人商工会が要請(04/01)

首都中心部の高層住宅、コロナ急増で封鎖(04/01)

サンゲツ、ホーチミン市に現法設立(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン