可成の2Q純益、同期で過去7年の最低

金属きょう体大手の可成科技(キャッチャー)が9日に発表した第2四半期(4~6月)の連結決算は、純利益が同期として過去7年の最低だった。ただ、前四半期比では大幅な増益を記録した。9日付経済日報などが伝えた。 可成科技の第2四半期の純利益は前年同期比74.8%減の27億…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:屏東県のリゾート地・墾…(05/26)

20年の製造業生産額5%減へ コロナ足かせ、米中摩擦も不安視(05/26)

【ASEAN戦略】徳育や科学実験で市場取り込み 学研、域内で新規進出も検討(05/26)

半導体業の19年生産額、1.7%増の2.66兆元(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

鴻海、非米国製半導体設備の商機捕捉へ(05/26)

パネル2社、今年はTV用の比率3割以下に(05/26)

車メーカーが保証期間延長、修理需要減退で(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン