• 印刷する

テイクオフ:8月14日に公開された…

8月14日に公開された中韓合作のアニメーション映画「ハローティラノ」は、静野孔文さんが監督を、板本龍一さんが音楽監督をそれぞれ務めた。映画公開前の記者会見で静野孔文さんは「芸術には国境がないですから」と述べ、冷え込む日韓関係を心配しながらも映画で描いた暖かい愛について語った。

氷河期に絶滅の危機に瀕する恐竜が、神秘の赤い実を探して旅に出る。主人公の飛べない翼竜ティロンと弱虫のティラノは、最初は全くかみ合わない関係だったが、互いに尊重する大切な仲間になっていくというストーリーだ。

複数の国が参加するコラボ作品は、今回に限った話ではない。しかし、今だからこそ日中韓の合作映画がより輝くのではないだろうか。良い作品は長く記憶に残る。国と国の関係が曇った時、文化の力が少しでも癒しになれたらと願うばかりだ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

低空飛行の日韓路線(下) 韓国頼み裏目、誘致継続で打開を(09/20)

日韓関係悪化の長期化、韓国に打撃=S&P(09/20)

高齢者と外国人を活用へ、少子高齢化対策(09/20)

米半導体装置大手、韓国にR&D施設移転か(09/20)

日本企業への影響軽微、半導体メモリー対象外(09/20)

LS電線、高速鉄道向け剛体電車線を開発(09/20)

車部品の万都、欧州にR&Dセンター開設(09/20)

韓国GM、販売減で会社存続の危機(09/20)

韓国文化省、越3校への図書館設置を支援(09/20)

山東自貿区煙台エリア、韓国との協力強化(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン