• 印刷する

三菱地所、ベトナム現法が営業開始

三菱地所は9日、現地法人「三菱地所ベトナム」が7月8日に営業を開始したと発表した。同社は今年1月に現地法人を設立している。

所在地はホーチミン市1区の「サイゴンセンター」で、人員は6人。資本金は22億6,970万ドン(9万7,000米ドル、約1,000万円)。三菱地所は2008年にシンガポールで三菱地所アジアを設立。ベトナムではホーチミン市の分譲住宅「パーク・スプリング」や「ザ・クリスタ」、ハノイの「シーズンズ・アベニュー」といった事業の開発に参画してきた。また、ホーチミン市のオフィスビル「リバーバンク・プレース」を17年に取得している。今後のプロジェクトについて同社の広報担当者は「言及できない」としたものの、開発を進めている案件があるという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

上場企業、国営が3割占める 最大株主に偏重、浮動株少なく(09/17)

低空飛行の日韓路線(中) 地場に逆風、路線多角化で打開へ(09/17)

Thaco、起亜工場をアップグレード(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

フォード、7人乗りMPV「トルネオ」発売(09/17)

ホンリョンと米TPG、3カ国の医療施設買収(09/17)

TASECO、韓国ファンドに子会社株売却(09/17)

ベトナムの不動産市場、投資誘致に要改善(09/17)

ビンコム、南北3カ所にメガモール建設へ(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン