• 印刷する

石油規制緩和法、上院で改正機運高まる

フィリピン上院議会で、1998年に成立した「石油規制緩和法」の改正を求める動きが出ている。価格決定に関する業界の透明性などを確保する狙いだ。8日付地元各紙が伝えた。

上院エネルギー委員会のガチャリアン委員長は7日、エネルギーの安全保障を強化し、同法の本来の目的である自由競争による価格低下を実現するためにも、同法を改正する必要があると指摘。向こう1カ月以内に同法の改正を要求する決議案を提出する考えを示した。

ガチャリアン委員長は、業界各社が製品の買いだめをはじめとする「適切な水準を越えた行為」を働いていないことなどを確認したと説明。適正な価格体系を維持するためには、業界の透明性を高めることが不可欠と主張した。

上院で同法の改正機運が高まっている背景には、各社に価格調整過程を詳細に報告することなどを義務付けた、エネルギー省の通達が裁判所によって差し止められたことがある。マニラ首都圏マンダルヨン地方裁判所などは7月、石油元売り大手2社の訴えを受け、通達の仮差し止め命令を出した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車化学天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末のマニラ湾沿いでは…(09/19)

中国10社、46億ドル投資 ミ島に製鉄所、車両など幅広く(09/19)

日本電計など15社、測定器の展示会開催(09/19)

東南アの訪日者、8月は5カ月ぶり2桁成長(09/19)

サンミゲル、新マニラ空港建設で正式契約(09/19)

債券市場の成長率、アジアで2位=ア開銀(09/19)

軍基地の通信設備、中国系排除は競争法違反(09/19)

港湾業者の認定制度、業界団体が批判(09/19)

発電フィンマ、再エネ事業に20億ドル投資(09/19)

カガヤン経済区庁、仮想通貨業者の業務停止(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン