中華精測、5G向け検査装置の試作開始

台湾の半導体検査用基板装置メーカー、中華精測(CHPT)の黄水可総経理は7日、第5世代(5G)移動通信システム向けチップの検査装置の試作製造を始めたことを明らかにした。同製品の今後の伸びを期待している。中央通信社などが伝えた。 オンラインの業績説明会で明らかに…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:約2カ月ぶりに香港のデ…(09/23)

8月の輸出受注8%減に 全品目・市場がマイナス成長(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

鴻海、米ウィスコンシン州で新投資計画(09/23)

聯発科技、20年1月に5G対応チップ出荷へ(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

再生ウエハーの昇陽、14億元で生産増強(09/23)

アイフォーン新モデル、販売3割増予想も(09/23)

8月のスマホ販売約1割減、サムスンが1位(09/23)

ゴゴロ、新北の駐車場に電池交換スタンド(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン