国連調査団、難民迫害で軍系2社に制裁要請

国連人権理事会(UNHRC)は5日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題調査団による報告書を発表した。調査団は、ミャンマー国軍系企業2社に対して融資などの支援を断ち切る制裁を科すよう国際社会に求めた。2社と合弁事業を行う外国企業にも提携事業の停…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

新たに陸路帰国者など感染2人、累計10人に(18:43)

民間機の着陸禁止、空路封鎖 帰国の日本人多数足止めか(03/30)

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

縫製業などに利率1%で融資、救済策強化(03/30)

商用含むビザの発給停止、在住者は更新可能(03/30)

輸出入関連の申請はオンラインで、貿易局(03/30)

ヤンゴン道路局、車両登録などの手続き停止(03/30)

公務員は半数のみ出勤に、大統領府が通達(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン