【転換期インドの攻略法】第16回 燃料政策と自動車業界

■自動車業界「試練の年」 インドは燃料高騰、金利高の影響を受けて、景気の減速感が強まっている。13年8月に政府は13年1QのGDPが4.4%と低成長を記録したと発表、また為替で見ても記録的なルピー安が止まらず消費者の購買力の低下や、企業の設備投資の抑制など経済に与えている影響…

関連国・地域: インド日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンとLG、海外生産を順次再開へ(04/06)

トヨタ、生産国7割が停止(04/06)

双竜自に危機再来、マヒンドラが投資断念(04/06)

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

3月の乗用車販売、各社マイナス4割超(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン