• 印刷する

OCBC銀、QRコードで預金引き出し可能に

シンガポールのOCBC銀行のATMで、QRコードを使って預金の引き出しができるようになった(同銀提供)

シンガポールのOCBC銀行のATMで、QRコードを使って預金の引き出しができるようになった(同銀提供)

シンガポールのOCBC銀行は7月31日から、現金自動預払機(ATM)でQRコードを使って預金が引き出せるようにした。同様の取り組みは国内で初めて。ネットバンキングが普及する中、現金の需要が根強いことに対応した。

顧客がOCBCのスマートフォン向けモバイル決済アプリ「OCBCペイ・エニワン」を使って、ATMの画面上に表示されたQRコードを読み取ると現金を引き出せるようにした。

本人確認は、ATMの端末で入力する暗証番号の代わりに、スマホの指紋認証、顔認証など生体認証を活用。引き出し金額は利用者にスマホ上で選択してもらう仕組みにした。対象端末は、1,200台余り設置したATMのうち655台だ。

アプリと生体認証を採用することで、ATMで預金を引き出すのにかかる時間を45秒に短縮した。従来のようにキャッシュカードと暗証番号を組み合わせる場合は平均80秒かかるという。

OCBC銀によると、モバイルバンキングを過去3カ月に1回以上利用した人の数は前年の同時期に比べ25%増加、利用件数も3倍に拡大した。一方、ATMでの預金引き出し回数は、昨年と同水準の月300万回で推移している。

現金の需要が依然として根強い中、預金の引き出しでもデジタル化が進むよう、QRコードを活用した現金引き出しサービスの提供を決めた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:菅政権が発足し、政策の…(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

日本とのビジネス往来再開、自宅待機免除(09/21)

企業トップ景況感、自国経済は比較的楽観視(09/21)

スマート都市ランク、2年連続で世界首位(09/21)

多様性が高い企業、シンガポールは2社選出(09/21)

観光局と米ビザ、中小企業の支援で提携(09/21)

シンガポール航空、パイロットを追加減給へ(09/21)

米VC、現地拠点を東南アジア統括に格上げ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン