• 印刷する

現代グロービス、ベトナム物流法人を設立

韓国・現代自動車グループの物流会社、現代グロービスは25日(現地時間)、ベトナム・ハノイに現地法人「現代グロービス・ベトナム」を設立した。東南アジアで法人を設立するのは初めて。東南アジア諸国連合(ASEAN)各国への事業拡大の足がかりとしたい考え。

ベトナム法人では、自動車および非自動車物流事業のほか、現地での新事業開拓も行う。手始めに、現代自が現地のタインコングループと合弁で設立した車両組み立て工場に部品を輸送する計画だ。

2020年上期にはホーチミンに営業事務所を設立予定。ハノイ法人は自動車物流を、ホーチミン事務所は南部地域で現地企業やベトナムに進出した海外企業を対象に、食品や繊維、衣料など消費財を中心とした物流事業を展開する。ベトナムは高温多湿な気候のため、食品や医薬品の低温物流にも注目しているという。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)によると、ベトナムの物流市場は年600億米ドル(約6兆5,145億円)規模。17年以降は年平均15~20%成長している。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

19年の成長率2.1%、OECDが下方修正(09/20)

米政府、韓国を違法漁業国に予備指定(09/20)

低空飛行の日韓路線(下) 韓国頼み裏目、誘致継続で打開を(09/20)

日韓関係悪化の長期化、韓国に打撃=S&P(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

高齢者と外国人を活用へ、少子高齢化対策(09/20)

米半導体装置大手、韓国にR&D施設移転か(09/20)

日本企業への影響軽微、半導体メモリー対象外(09/20)

LS電線、高速鉄道向け剛体電車線を開発(09/20)

車部品の万都、欧州にR&Dセンター開設(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン