• 印刷する

SDGs達成度、3ランク上昇の110位

国連が定める2030年までの行動目標「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成度指数(19年版)で、ミャンマーは162カ国中110位だった。ドイツのベルテルスマン財団と民間団体「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」が、毎年まとめている。

ミャンマーは113位だった昨年から3ランク上昇。評価指数(100が最高)は、62.2だった。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、40位となったタイが最高で、ベトナム(54位)、シンガポール(66位)、マレーシア(68位)、フィリピン(97位)、インドネシア(102位)と続き、ミャンマーは7位。ミャンマーとともに後発新興国に位置づけられるラオスは111位、カンボジアは112位だった。

指数はSDGsの17目標における複数の項目を、「最大の課題」「重要課題」「残された課題」「SDGs達成」「情報なし」で評価している。前年の達成度指数とは評価方法が異なる部分があり、一概に比較はできないとしている。

現状の評価で、ミャンマーが目標を達成したのは、「消費と生産のパターンの確保」のみ。

「都市と人間の居住地」、「持続可能な開発に向けた平和で包摂的な社会の推進、すべての人々への司法アクセス提供」を含む9項目が「最大の課題」とされた。


関連国・地域: ミャンマーASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

繊維輸出、今年度も拡大続く 好調も人権問題が依然重し(09/20)

中国系衣料工場など投資8件を認可(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

7月のインフレ、8.35%でまた上昇(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

広州汽車、ヤンゴンで現地生産を計画(09/20)

政府が支援の老人ホーム、全国85カ所に(09/20)

増えるコーヒー豆輸出、今年は前年比6割増(09/20)

緬国境で豚コレラ発生、警戒レベル引き上げ(09/20)

就職フェア、QRコード活用の電子履歴書で(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン