• 印刷する

ホンダ、イポーに初の環境配慮3Sセンター

ホンダ・マレーシアは24日、ペラ州イポーで新3S(販売・サービス・部品交換)センターを開業したと発表した。建築物の環境性能を評価する「グリーンビルディング指数(GBI)」の認証を、マレーシアの3Sセンターとして初めて取得した。

同センター設置で提携した地場バン・ホーセン・オートによる投資額は1,500万リンギ(約4億円)。2エーカー(8,093平方メートル)の敷地に、サービスベイ14台分、修理用ベイ4台分、タイヤサービスベイ1台分を備え、1日当たり最大60台に対応できる。環境対策としては、建物に天窓やガラスを多用し、照明の60%を太陽光で対応できるようにした構造になっているほか、雨水の利用による水消費量の節約などを実現する。

ホンダ・マレーシアの石山登一社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、「ホンダはかねて環境への負荷(エコフットプリント)削減を目指しており、グリーン技術の導入を進めている」とコメント。新しい3Sセンターが「イポーの顧客向けサービスと同時に環境への配慮を提供できる」と説明した。ホンダ車の今年上半期(1~6月)の車両登録台数は4万4,200台以上で、うちペラ州を含む北部諸州では7,800台以上だった。ペラ州はこのうち3割に相当する約2,400台を記録している。

ホンダ・マレーシアが発表したイポーの新しい3Sセンター(同社提供)

ホンダ・マレーシアが発表したイポーの新しい3Sセンター(同社提供)


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアの人々の間で…(07/15)

5月失業率、5.3%に上昇 返済猶予終了で10月から再上昇も(07/15)

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(07/15)

駐在員の出入国で要許可、休暇目的は認めず(07/15)

<資料>出入国時の入管許可などの要否(07/15)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(14日)(07/15)

株式の取引停止条件改定、半年ぶり高値に(07/15)

テクスケム、株価高騰でブルサから警告(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン